誠実に純化して生きたいと、願えば願うほどに。

 

奈緒子

 

誠実に純化して生きたいと、願えば願うほどに。
実は生まれて社会を知った時の、初めからあった強い社会の矛盾を針のように感じて、さらに社会の軸とは合わなくてなっていき。。

なんとか上手くやる方法をどんなに学び、処世術として知っていても、それを使いたくない。使えば楽だのに、それは魂に背くから。
だから苦しくて。苦しくて、もう嫌で、自分に背いて生きてきた時もある。

 だけど。
そんなもどかしさを抱えて、もがきながらも、それでも本当に正直に生きたいと、
何度も自分の覚悟を確認して、やり直して、私もあなたも歩くから。

失敗も、反感も、悲しみも、恐れない。
それは自分の覚悟を問われて、ただ深く、生き直しただけだから。


奈緒子


たとえ細く糸のようでも、必ず突破口を活路を見出して、私は最後まで生き切るよ。
 決して投げ出さない。そこには光が見えるから。

それはいずれ、ハートからの祈りへと変わり、見える世界は、光の中でただ透明になってゆく。
たとえ届いていることが、今は分からなくても、それでも。

祈りを宇宙へと届けよう。

それが地球に届き、風になる道。
 宇宙へと還る道。


奈緒子


どうもありがとうございます。
 

 

 

Recommend Column

【陰陽の光は、同じ量だけその人の中に存在する。】 いつかのクラスでのシェアタイムに。 「自分のプライベートな中に、 私がこれから伝えようとしていることとは、‥ 続きを読む
マザーテレサの大好きな言葉 今日は、私がいつも心に留めている、 マザー・テレサの、大好きな 言葉のひとつをご紹介したいと思います。 「神様は 私‥ 続きを読む
名前のない感情に、ただ寄り添って眺める。 最近、ふとした時に現れる幼少期のトラウマに、ひとり静かにセルフカウンセリングしつつ向き合う日々です。 けどこれが、なかなかヘビー‥ 続きを読む