あるアーティストの創作を観て、ふと感じたこと。

 

あるアーティストの創作を観て、ふと感じたこと。

ああ、この人は、悲しみを原動力にして、
創作をし続けているんだな。。

 

 

イメージ

 

 

エネルギー源を悲しみにしていると、
悲しみをなくすことは、
芸術作品を生み出さないこととなり、
当人的には、決して許されなくなる。


なんとなく、
悲しみがないと落ち着かないし、
その感覚のない自分は許されない、
という気持ちになってしまう。
これは、昔の私にも
実際当てはまっていたと思う。
その感情を原動力にして、絵を描いていたし、
文字を書いていた。


また、ネガティブなものを原動力にして、
会社を拡大させる人も多い。
でも、拡大したって、
ちっとも心が満たされないから、
そのうちに、どんどん心を病むんだ。
そういう人をたくさん観てきてる。


悲しみや、辛い過去を原動力にすると、
その記憶や気持ちを忘れちゃいけないって、
大切にしなければって、思い込むから。


でも決してそんなことはない。


それらは、
どこかで必ず、転換しないといけない。
創作の目的を。生きる目的を。
エネルギー源。
それを感動や、喜びや、感謝にすると。
創作のエネルギーは、
たちまち無限になるんだ。


その幸せな感覚は、広がる。
他人と繋がるのはもちろんのこと、
自分自身もまた、再び深く繋がり、
創作すればするほど、満たされてゆく。
そして、その感動や感謝の記憶を
忘れたって、別に良いんだ。


また、新しくやってくるからね。
そのどちらの感情でも、
創作されたものが美しいことには、
なんら変わりない。


芸術作品の奥にある、そうした機微を
人は、誰でも全て持ってるから。
だから、どんなものでも、
自分に合ったものは心に響いて、
泣きたいほどに、感動するんだね。
私は、感謝や感動、喜び、
そして優しさを広げて生きたいよ。

 


 

 

画像

 

音声ヒーリングプログラム、いよいよスタート!
【毎朝3分のメッセージで、あなたの未来の選択が自信に変わる!光り輝く毎日をあなたへ。Scents Brewed in the Heart 】


【カテゴリー別おすすめメニュー!】

アトリエサロンのメニューのオススメの選び方はこちら!

 

 

Recommend Column

夏至の夕陽。 夏至の夕陽。 この美しい世界に、 あとどのくらいの月日、 居られるのかと思う。 なるべく、 たくさん観ていたい。 毎瞬間を感じてい‥ 続きを読む
本日2度開催。夏至のセレモニーの合間に。 本日2度開催。 夏至のセレモニーの合間に。 夏越の大祓へご近所の神社へ。 ‥ 続きを読む
あまりにエネルギー使って話しすぎて。。 あまりにエネルギー使って話しすぎて、 やっぱどっぷりと疲れる(>_<) ふーーー。。 おつかれちゃん、‥ 続きを読む