空と大地に還る道 
京都・鞍馬山リトリート

開催終了しました

内容

イメージ

前回、2017年にリトリートで訪れた時の秋の鞍馬山です!


 

鞍馬山は、私にとって、大変想い入れの深い場所。10年以上毎年欠かさずに、必ず訪れています。

毎年のように、感じるエネルギーや、自然から得られる情報が異なる、昔からとても大好きな聖山です。

 

そして、その度に共鳴し行う自然界のギフトや、いただくメッセージに変化があるのも、とても素晴らしい特徴です。

 

毎年訪れるときには、特別な想いがあります。

この度、縁ある人々と一緒に、この山を訪れたいな!と強く思いましたので、

今年、久しぶりに開催をさせていただきます!(^-^)

 

 

ちなみに内容は、前回とはまったく違うものになる予定です。

 

 

今回のテーマは
『風。コントロールを手放し、自分への信頼と向き合う勇気』。

 

 

ふふ、、何が起こるかは秘密です!(^-^)

 

 

でも、決して忘れられない、楽しくて痺れるw

そんなひと時となるのは、間違いありません!

 

ただ登山し、参拝するのとは、まったく異なる異空間と、そして新しい時間の流れーー。

 

共に、感じていただけましたら幸いです。

 

 

イメージ

 

 

◆空と大地に還る道*京都・鞍馬山リトリート*◆

日程が変更になりました!
開催日程:6月22日(火)~ 24日(木)

スケジュール
22日(火)夜 食事会&夜会。(ご参加は自由です)

23日(水)鞍馬山リトリート(終日)
10:00 京都駅付近のホテル入り口前集合。(詳細はご参加者にお伝えします)
鞍馬山→鞍馬寺→お昼→解散  日帰りも可能です。
*夜は希望者と共に食事会を開催します。

24日(木)神社&仏閣巡り(午後解散)
  ランチ後解散予定です。

リトリートで行う概要は、以下のとおりです。
・トレッキング
・2つの祈りと誓いの儀式
・オリジナル瞑想(グラウンディング瞑想ほか)
・エネルギーチャージ
・浄化のワーク
・自然と触れ合うフィールドワーク
・本殿参拝
・神社参拝 など
※今回のリトリートで行う内容については、参加者のみの非公開とさせていただきます。

参加費:23日のみ参加 55,000円(消費税別)
両日 78,000円(消費税別)

開催人数:6名 

*現地集合・現地解散となります。
*食事代は現地で実費精算となります。
*宿泊先・交通手段については各自で手配ください。

※今回は、私と面識のある方を優先とさせていただきますが、初めましての方も、お気軽にお問い合わせくださいね。

 


イメージ
 

 

あなたがもし、まだご自分のことを信頼し、前進することができていないと感じるのならば。

それは、今までどんなにか険しく孤独な、棘道だったことでしょう。。

 

あなた自身への信頼と前進する勇気を再び思い出し、そして決意するーー。
 

人生に多くは起こらない、そんな貴重な瞬間を
ご参加の皆さんに、今回お届けいたします。

 

大自然の中で、ご自分自身と真剣に向き合う大切なひと時です。

 

あなたの夢や希望を叶え続ける道があります。

明確な道しるべに、いつでも気がつく自分であるためにーー。

 

ぜひ、特別な鞍馬山という聖山でのオリジナルワークをご一緒しましょう!

 

お会いしますのを、楽しみにしています!(^-^)

 


イメージ

 

 

鞍馬山という聖山。

実は、私にとって本当に特別な、たくさんの想い入れのある場所です。
 

今に必然として起こる出来事とともに、
理屈ではわからない不思議なことが、毎回、たくさん起こります。

このスペシャルな時間を一緒に感じていただけますことを心より願っています。(^-^)

 

厳かな気持ちの登山の後は、心身を整え、
調和された新しい自分に、生まれ変わって帰りましょう。


今年もご縁のある方と、ご一緒できましたら嬉しいです!

 

心より感謝の気持ちをこめまして。どうもありがとうございます☆

 

 

奈緒子
 

 

イメージ

 

◆お申込みフォーム

 

Recommend Column

【空と大地、自然と調和する触れ合いの体験】 4月も後半ですね(^-^)!新しい季節を迎え、皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 私は、2年ぶりに仕事で数日海へ行ってきました‥ 続きを読む
お申込みは本日20時まで! 【聖地インド特別プージャ!&インドでの忘れられない思い出】 5月4日から本日の20時までが、お申込みの締切りとなります、 今必要な方のために聖地イン‥ 続きを読む
12月14日より、古代エジプトを辿る、二度目のスピリチュアルジャーニーへと旅立ちました。 一度目のスピリチュアルジャーニーは、私自身の過去世の体験を辿る、自分を思い出していくた‥ 続きを読む