おはようございます。

2019年6月聖地インドリトリート

 

 

今朝の7時。
5時から7時まで瞑想しました。

遠隔の方は24時間流しておりますので、まだまだお楽しみくださいね。

 そして、御坊様たちのプージャも、26日の朝9時から開始しております!

2週間の変容です。
 一緒に、瞑想をしたり感謝を捧げる時間も、持てるといいですね。



インドリトリート
 


ここ、ジャンムーの女神ドゥルガーのお寺は、ヴァイシュノー デヴィテンプルと呼ばれています。

ヴァイシュノーとは、女神ドゥルガーのこと。インドはお一人の神様に対してとても沢山の呼び名があります。

さて、ヴァイジュノー デヴィテンプル。

なんと、真夜中の12時に出発し、参拝終了まで11時間かかりました。

お寺に向かう道はとても長く、歩いて登ると6?7時間かかると言われており、私たち一行は、馬に乗る選択をしました。

多くの人は、途中で寝たりしておりまして、至る所に雑魚寝エリアがあり。

 

インドリトリート

 



それも密集して寝ている姿は、 それはもう、圧巻でございました。

そんな中で、馬に乗って一気にお寺まで向かうことができるのは、 本当に感謝しかありません。
 

 

 

インドリトリート


到着は、朝の3時半くらいだったかな。

お寺に着いてからまず、携帯など荷物をすべて預けなくてはならず。鍵付きのロッカーへの列が、長蛇。。

 

インドリトリート

 

 

2時間ほど並んだのですが、男も女も子供達も、押し合いへし合い、せめぎ合い。
 我先に!と横入りする人たちが多すぎて。
押し寄せる人に窒素しそうになったり、バラバラに離されて迷子になりそうになったり。。

それぞれのよく分からない主張を掲げて、素晴らしいアタックを何度も!繰り広げます。
 決してメゲない精神力の強さ。それがインド。

 

インドリトリート

 

 

ロッカーでそのような状態ですから、当然参拝の列は言わずもがな。
神聖なお寺の参拝前に、多くの洗礼が私たちを待ち受けていたのでした。笑

色々あって(この色々が凄すぎるけれどw)いよいよ、参拝。

参拝時のお話は、また後で書きますね!

 

インドリトリート

 

 

リトリートメンバーの美女たちからは、こんな強烈な旅は二度とないだろう、、笑、
と叫ばれております。

ひとまず、参拝後の写真。
 てないし、かなり疲れきってますがそれを上回る、感動と満足感いっぱいですw

 

インドリトリート

 

 

どうもありがとうございます。

 

 

 

Recommend Column

空と大地に還る道。 京都・鞍馬山リトリート合宿<募集終了> 内容 <このリトリートは満席となりましたので募集を終了いたしました> 本日は、皆さんに嬉しいお知らせです☆‥ 続きを読む
【まもなく開催!鞍馬山リトリート合宿。過去の振り返りレポ☆中編】 こんにちは! 自然療法士・ホリスティックカウンセラーの奈緒子です! まず最初に、お知らせです!! ‥ 続きを読む
【まもなく開催!鞍馬山リトリート合宿。過去の振り返りレポ☆前編】 こんにちは! 自然療法士・ホリスティックカウンセラーの奈緒子です! ‥ 続きを読む