STORY

ハムサ・ヒーリングハンド~シヴァオーム

 

長年セラピストをしていて、また、エネルギーワークなどを日々行なっていると、手や足からたくさんのエネルギーが流れては、自然に還っていっていることを感じます。

「手」は、たくさんのエネルギーを導き流す、大きなポータルでもあります。

無意識でもエネルギーは流れますが、意識をするとさらに大きくなります。手から流れ出るエネルギーを用いて、幸せに満ち足りた日々を送りながら、縁ある人を優しくサポートできますように。そのようなことを祈っていた時に、何か遠くの方から、音が聞こえるのを感じました。

 

その音に、よく耳をそば立てて聞いていたら、オームオームと鳴っていたのです。

オームのマークは、ヨガやヒンズー教では有名な、宇宙の始まりの音です。そのエネルギーが、手の平から出入りし、そして指先から放たれていくように、たくさんの意図があなたの可能性を広げて、あなたらしく生きていくお手伝いができますように。そんな祈りを込めて、大切にデザインさせていただきました。

 

ヒーリングハンドのイメージは、インスピレーションで受け取ったものが源となり、創られています。しかし、「手」というモチーフは、古くからイスラム教の国々では、ハムサという名前で魔除けのお守りとして、邪を寄せ付けないものとされています。また、祝福された神の加護としても、手のデザインを使う風習があります。ハムサは基本、オームマークの部分が目のデザインのものが多いのですが、よくよく調べてみますと、その神聖なエネルギーと美しさから、目以外の模様を象っているものも多く存在しているようです(さすがにオームマークはありませんが)。

 

このヒーリングハンドジュエリーも、宇宙のエネルギーが手から流れ出るものですから、魔除けや厄払い、プロテクト、そして邪を払うという意味合いも存在しています。

また、指先からこぼれ落ちるように存在している天然石は、全て破壊と再生の神であるシバ神のエネルギーをつかさどっているパワーストーンたちです。

 

エメラルド、ルビー、ブルーサファイヤ、イエローサファイヤ、ダイヤモンド。これらの石が指先からこぼれ落ちるとともに、そのエネルギーがあなた自身に入り、あなたのまだ見ぬ未来を力強く後押ししてくれるでしょう。

 

また、私はセラピストですので、セラピストという生き方のモチーフとしても、このジュエリーを「いつも身に付けたい」と思い、作らせていただきました。というのも、いつでも手を使い、人を癒し、多くの可能性を宇宙のリズムやエネルギーを自分自身の体を通して流し続けていく、そのような自分でありたいと願っているからです。

 

そのような意味を込めた、ペンダントとピアスです。

 

ベースの金属のエネルギーによって、流される意図が僅かに変わるため、ペンダントトップはシルバージュエリーとK18ゴールドジュエリーの2種類を用意しています。

 

シルバーやゴールドのジュエリーを体に身につけておくことは、それぞれ意味合いが違ってまいります。体のどこか一箇所でも、そのひとつひとつのエネルギーが流れていることは、自分自身の「ココロとカラダの変容に役立つ」と、古くからインドでは言い伝えられておりますので、ご自身が受け取りたい!と願うエネルギーが流れている方を身につけるとよいでしょう。

 

・シルバー
エネルギーは穏やかで優しく、そして静かな美しさのある月をイメージさせる力を持っています。霊感や直感を磨き、正しい方向性を見出すお手伝いをします。また、厄除けとして、魔除けの効果が強いとされています。感情面を安定させネガティブになりやすい人や、不安に苛まれやすい人の心を導き守ることがシルバーの特徴です。

・ゴールド
ゴールドの純粋なパワーは、自分自身を照らし、そして周りを動かしていくまるで太陽のような力を持っています。そして、さらに自分らしく輝かせ、そして魂の成長を促していくエネルギーを持っています。ゴールドは古来より、富の象徴として人々を魅了してきたように、物質的な豊かさを呼び込む力も存在しています。持ち主の運気を向上させ、自ら率先して行動する気持ちを支えてくれます。積極性を養い、周りの環境を豊かにし、富と幸福を引き寄せる。そんな太陽のようなエネルギッシュなパワーをもっているのが、ゴールドの特徴です。
なお、ペンダントは、魅せるように身につけることで魔除けにするほか、できる限り人に見せないように、ハートの近くに身につけて、エネルギーを自分自身に届けるという付け方があります。詳しくは購入時にお伺いください。

 

SHOPページに戻る